ALEXAスキルアワード2019結果

ALEXAスキルアワード2019の結果が発表された。応募は100超で、昨年の300超に比較すると約1/3。応募スキルは公開済であることが条件であり、IoTとの連携を要するスキルは応募対象外となった。自分は画面付きデバイスの中でゲームが完結するスキル 「オセロキング」 で初応募したのだったが、結果撃沈であった。一方で、最優秀賞に輝いた 「どうぶつびより」 を使ってみたところ、Firebaseを使った対戦型webアプリのようだ。音声のインターフェイスはAlexaを利用し、ゲーム本体はPC/スマホ画面上で展開されていて、ビジュアル的にも秀逸。このような外部連携を使う手があったとは、、、

後日、Firebase以外にも、Phaser、Garageband、Adobe XDが応用されていることを知る。

コメントを残す