WordPressで子テーマを作る

WordPressでオリジナルサイトを作る時に既成の親テーマを元に子テーマを作る形で作るのが効率的である。親テーマが更新された時、子テーマで設定した内容を失うことなく更新できる。子テーマのstyle.cssにおいて、Template:[親テーマのフォルダ名]を記載する。これは親テーマとの連携に使われる必須な情報になる。さらに、functions.phpの中でスタイルとして親テーマの引用、子テーマの上書きについて指示する定型の記載を書き込む。

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
  wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
  wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style')
);
}

コメントを残す